ゲームや日記を公開中。 --- a blog about games, life. my handle is 'd_of_i'.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニューラルネットワークと遺伝的アルゴリズム。

数年前、マッチ箱のAIを読んで
これらはきっとゲームに使える!と
目をキラキラさせて勉強した日々がありました。

しかし、コレまでまったくゲームに役立ててません。


NNやGAの実装は自体はそう難しくは無いです。
以前のエントリでも
NNによる画像認識っぽいものを
proce55ingで組んだモノをソース付きで公開しています。
GAはNNよりさらに簡単に実装できます。


だけど、これをどうゲームに使うかが
(少なくとも自分には)難しい。


ゲームの何を遺伝子にするのか?
それの採点はどうやってするのか?


他のゲームではどう使われるのか研究しようかと思ったのですが、
実際のゲームで、NNやGAが使われた例って
アストロノーカーやがんばれ森川君2号以外であまり聞かないんですよね。
これらはほとんどそのまんまな形で使ってますし。


なにか良い活用方法は無いか思案中の日々…。


思案してばかりで手が止まってる言い訳のエントリ。
スポンサーサイト
コメント
はじめまして。センス良いまったり具合を楽しませて頂いてます。
「火消し砂」のソースを拝見し、単純な法則で砂の動きを表現できることに感動しましたので記念カキコです。
私もマッチ箱のAIを読んでぐっときた覚えがあります。
そのときは強化学習が面白そうと思ったのですが、作り方がよく判らなく断念したまま今日に至ります(^^;
2005/07/05(火) 19:05 | URL | q1j #-[ 編集]
マッチ箱のAIは良いですよね。
すごい分かりやすく、実用的に見えました。

あれを読まなければNNやGAは勉強してなかったかもしれません。

まぁ、勉強しても使ってこなかったわけですけど。
2005/07/05(火) 22:13 | URL | d_of_i #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
:
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://ishi.blog2.fc2.com/tb.php/125-ccb93f74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。