ゲームや日記を公開中。 --- a blog about games, life. my handle is 'd_of_i'.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たまには変わったモノも作ってみようということで、作ってみました。
割と有名な話なので、知ってる人も多いと思います。

スポンサーサイト





コメント
なんか変な気分になるw
2006/04/15(土) 14:54 | URL | sinsaku #-[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2006/04/15(土) 15:00 | | #[ 編集]
なんともいえないね
2006/04/15(土) 16:22 | URL | . #C7GJ5hVw[ 編集]
でも納得
2006/04/15(土) 16:58 | URL | 捨て猫 #-[ 編集]
非常に分かりやすくてよかったです。
ムダな知識が増えるってのはうれしいですねw
2006/04/15(土) 17:59 | URL | sa #-[ 編集]
イライラしてきた
2006/04/15(土) 18:59 | URL | 007 #-[ 編集]
猫が可愛いから癒された^^
2006/04/15(土) 19:23 | URL | にゃ #-[ 編集]
理解しました、猫がこにくたらしいけどカワイイ、管理人さん猫好きですね、自分も好きだけど
2006/04/15(土) 19:34 | URL | メタ猫 #-[ 編集]
いや、これ違うよ。
みんなトリックに騙されてる。

“扉は換えないほうが確率が高い”
これが正解。

なぜなら、司会者は賞品のある場所を知ってるから、TV
局の利益のために、誤答に導こうとするから。

もし、最初に選んだ扉に賞品がなければ、司会者は何も
言わない。黙って不正解を示すだけ。

逆に、扉を選びなおすことをすすめるのは、賞品がある
扉だから。

ゆえに、扉は換えないほうが確率が高い。

猫でもTV局の一員である以上、経済原理で動くのです。
2006/04/15(土) 20:20 | URL | すえぞう #zti4m2BU[ 編集]
おぉぉぉっっ!?
すげぇ!
そういう理屈かっ!
モンティホールジンレマ?(違
トリビアだしたいww(ぇ
2006/04/15(土) 20:24 | URL | 結晶 #z8Ev11P6[ 編集]
感動しました
直感でやるのと理論で考えるのは違うんですね
2006/04/15(土) 20:54 | URL | #-[ 編集]
>すえぞうさん
「司会者が残り2枚に絞る」という操作を行うかどうかを、司会者が選択できる場合においては、そうなるでしょう。

しかし、ここではその一連の操作をいかなる場合でも行うことを前提に話しを進めているので、FLASHの通りです。

実際、特別番組ならまだしも、毎日もしくは毎週ある番組でこのようなコーナーがあって、場合によって「司会者が残り2枚に絞る」という操作が行われたり行われなかったりするのは、ほとんどないのではないでしょうか?
そのくらいなら視聴者は変だなぁと気付くはずですし。
2006/04/15(土) 20:59 | URL | 1313 #dJHHZALM[ 編集]
作者勇気あるなぁ。
アメリカではこのネタすごい荒れたというのに...
2006/04/16(日) 14:06 | URL | #xi0EQUTw[ 編集]
残念ながら FLASH で述べているのは言葉足らずで、「司会者がスカの扉を提示する」のが「無作為に、必ず残りの2枚の扉のうちに存在するスカ扉を提示する」のか「作為で、残り二つのうち一つ以下のスカ扉を除き全て提示する」のか、最初の 1/3 問題で提示してないんですね。前者の場合は、提示後も変わらず 1/3 です。ルールを提示せずに「1/3 じゃないニャ」として、いきなり「1/5 問題」へと持っていってしまっているので議論が紛糾するわけです。
2006/04/16(日) 14:51 | URL | あらら #-[ 編集]
すごい納得した
2006/04/16(日) 15:11 | URL | t #-[ 編集]
これさ、10パーセントで当たってたらアレだよね。
2006/04/16(日) 15:22 | URL | #-[ 編集]
選ぶカードが3枚くらいなら
選んだカードが当たりの確率も高くなると思うが。
2006/04/16(日) 15:33 | URL | ピースケ #XAjl2.RA[ 編集]
間違ったときの猫の反応がムカツク
2006/04/18(火) 00:58 | URL | nanasi #-[ 編集]
これすごいですね・・・・・・
完全に納得しました。
言ってみれば、これは最初に選んだ「一枚の扉」と「九枚の扉」だと、「九枚の扉」の方が景品が潜んでいる確立が高い。とも言えますね。
最初に選んだ「一枚の扉」は10%、
残された「九枚の扉」の確立は90%。
2006/04/21(金) 09:50 | URL | 灯 #PotDzzaw[ 編集]
最初に選んだひとつの扉を選ぶか
残り全部の扉をまとめて全部選ぶか
の二者択一って事ね

いや、ちょっと感動した。
当たり前といえばそうなんだけど。
2006/04/22(土) 17:35 | URL | anonymous #-[ 編集]
久しぶりに頭の体操になりました。
非常に分かりやすく文系のおいらにでも納得いきましたよ。
2006/04/25(火) 01:45 | URL | いい男 #-[ 編集]
最初自分の選んだのと言って、
違うと言われてから考えた理由通りの
説明だったので納得

TVで視聴率云々豪華景品云々絡んで考えると
複雑化しますね

不透明なコップにボール入れて、見えないようにシャッフルして…
みたいな利益の絡まない子供の遊びで考えれば
邪念が入らず考えれると思いますよ

2006/04/28(金) 06:09 | URL | なめ汁 #Sp0XmP4g[ 編集]
まあ。。トビラ3枚のばあいは、はじめに選んだトビラと司会者が残したトビラのお宝ゲット率は1/3と2/3で、5枚や10枚のときほど確率に差がないですからねぃ。。司会者の顔色をみながら、どっちを選ぶのもアリかと。
1313さんが言ってるように、司会者が日によってやり方を変える事は考えにくいですね。
視聴者が疑いますもん。
参加者が決めてからトビラの向こうの景品をこっそり移動できるとかだと、ハナシはややこしいですが。
20回試行の場面では、ちゃんと「1/3と2/3」ぽくなって感動したぽ。
2006/05/03(水) 14:33 | URL | きのこ #2njavCVw[ 編集]
猫が可愛かったニャ
2006/05/06(土) 13:19 | URL | はと #-[ 編集]
扉が三枚の場合だの、商品が絡むの云々はともかくとして、
説明聞いてそういうことかと納得できたのが楽しかった。
2006/06/19(月) 12:18 | URL | #-[ 編集]
ニャるほど。
2006/07/04(火) 17:04 | URL | ask #-[ 編集]
自分が司会者となり、ネコが選ぶ・・・の部分がありますよね?
あそこでネコが魚を選ぶ事が無い時点で仕組まれているかと。
文書くの下手ですいません。
2006/07/05(水) 20:02 | URL | あるむ #OARS9n6I[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2006/07/11(火) 10:15 | | #[ 編集]
にゃんこには実在若しくは生きている猫のモデルがいてはりそうでホンワカ。
2006/07/13(木) 18:53 | URL | 淀川 #FJJp5XpY[ 編集]
すごくわかりやすかったですw
2006/07/15(土) 23:27 | URL | 正義 #-[ 編集]
はじめまして。
面白かったですけど、
最初に正解を言い当てて、一瞬で終わったのが虚しかったです(←モンティ…の名前は知らなかったけど、現象は知っていた
2006/07/19(水) 16:04 | URL | 黄黒真直 #8It0en6I[ 編集]
ドアの数が多ければ多いほど
違うドアを開けて当たる可能性が高い。
最初の確率10分の1で当たるわけがないので
最後に残ったドアを開けると。
でも
3分の1(ドア3枚)の場合は
これあんまりそのままで当たる確立は
3分の1なんだから
5枚以上くらいじゃないとあんまり使えないね。これ。
2006/08/02(水) 10:25 | URL | 天君 #3un.pJ2M[ 編集]
モンティ「ボール」ジレンマだと思い込んでいた…
2006/08/14(月) 02:53 | URL | 名無し #-[ 編集]
いおうイオ会うおい魚ウエイへほりうあhv終えウイ於ウェh地魚亜ウィ於杖はいう於t真上h杖hつhメイン非てゅ位ウェうh地上h地上非gm歩g歩言う日宇h地うあ日宇h地尾会うh観うティ魚ghghとあいh地うひつ費魚会えおい上甥h帝王へ言う尾h地魚エ皮膚終えmふぉ絵jふぃ於儀ペアいう乙イオティ魚阿附イオh地欧亜h、ついは追いt
2006/08/16(水) 03:07 | URL | もうだめぽ #-[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2006/08/18(金) 11:31 | | #[ 編集]
司会者側でやってみるとわかるよねww
2006/09/01(金) 17:59 | URL | めい #-[ 編集]
最初に選んだ選択肢で正解の場合はどうなるの?
司会者は残りの両方外れの扉のどちらかを開けるだけだし
このフラッシュは間違ってると思う
2006/09/02(土) 07:06 | URL | TNT #-[ 編集]
なるほどねえ。
司会者が扉を除外したあとに、挑戦者を交代させると確率は1/2になるのが不思議だったけど、
一連の流れで最初に選んだのが確率1/3ということを知ってるか知らないかで変わるんだな。
2006/09/02(土) 23:40 | URL | しろくま #A8BJpryA[ 編集]
>>TNT
絶対あたるってわけじゃないから。
最初選んだひとつor残り全部
最初選んだのがあたってたら外れます
2006/09/04(月) 08:23 | URL | e #-[ 編集]
シュレディンガーの猫って感じ
2006/09/04(月) 08:43 | URL | G #uvrEXygI[ 編集]
 理論自体は簡単に理解できますが、残念ながら>>あるむさんの仰るとおりかと。
 このFLASHでは仕組まれているとしか言いようが無いです。
 まあそこまで捻くれていてもしょうがないので気が付いた瞬間は素直に面白かったです。
2006/09/05(火) 00:56 | URL | 太郎 #-[ 編集]
猫が正解をいきなり選ぶ確率なんて元々10分の1なんだから、解説FLASHとしてはそれでいいんじゃないの?
ちなみにプログラムが組まれているかいないかの検証に、恐らく相当の回数猫にクイズをさせなければならない場合が出てくると思うんだけど、何回目でプログラムが組まれていると判断したんだろう。
2006/09/05(火) 14:16 | URL | うほ #-[ 編集]
> うほ
司会者側で扉を2つに絞る前に猫が選んだ扉か正解の扉を選べば、猫がダメだししてそこからやり直しになる。なので、試行は簡単、猫が正解を引くかもしれない確率は本来10%なんだから、繰り返してればおかしいのはすぐ気づく。
20回の試行の方でも可能性としては変えない方が変えた方より高くなる結果もなくもないけど、こっちは天文学的確率な上に試行が面倒なので作為が入ってるのか不明。
2006/09/05(火) 15:10 | URL | 名無し #-[ 編集]
これはダマすとかダマされるみたいな複雑な話じゃなくて普通に確率問題。
こんなに親切丁寧に解説してくれてるのに何故理解できんのじゃ。

まあつまり、屁理屈こねる前にググるかWikipedia見れ!
2006/09/06(水) 01:37 | URL | ネコ以下・・・ #-[ 編集]
この解説をみて理解出来ない人は
まず自分の読解力を疑ったほうがいいな
2006/09/06(水) 02:19 | URL | #-[ 編集]
読解力?前提条件がおかしいのに結論が正しいわけないじゃないの?
あきらかに詭弁だと思う
残りの枚数は常に2枚になってどちらかが当たりなんだから当たりの確率は2枚の扉両方50パーセントだよ
2006/09/06(水) 05:29 | URL | a #-[ 編集]
生き物の生き死に
宗教・政治関連
数学問題

確実にコメント欄がキモくなる三大記事
2006/09/06(水) 12:45 | URL | うにくらg #-[ 編集]
面白かったです。(^_^)
ただ、変形三囚人問題に応用できないらしいので、変形三囚人問題に応用する方法を教えてくれたら嬉しいです。
2006/09/06(水) 21:57 | URL | 正己 #-[ 編集]
ですよ。
で、この10%のどれかが商品入りなのだから、結局どれも10%
のこり2個の状態にしても、それははずれとわかっている確率10%が8つと、のこりのはずれと、当りがそれぞれ10%づつ。
だから確立は同じ。50%。

じゃないの?
2006/09/07(木) 12:12 | URL | nasi #-[ 編集]
50%って言ってる人はわかるまでFLASH見直した方が良いかと。じゃないと人生どっかで詐欺師に騙されますよ。

ただ上で誰かも言ってる通り、司会者自体も無作為に残りの扉を開けるシステムだったら意味ないし、その方がきっと現代のテレビ的には面白い(じゃあ試しに開けてみましょう。あら!もう景品出ちゃった!なんてノリ)んのでそっちが採用されるんじゃないかなー、などと要らぬ勘繰りをしてみました。
2006/09/07(木) 17:27 | URL | sati #zlAQJbYM[ 編集]
これは非常に分かりやすかったです
面白いですねー
2006/09/08(金) 08:59 | URL | #-[ 編集]
>sati

FLASHが間違ってるよ
2006/09/08(金) 16:14 | URL | a #-[ 編集]
とりあえず本当にこの減少になるかどうかは実際に試すとして、猫に扉選ばせる問題で魚のある扉は絶対選ばないのは仕様ですか?
2006/09/08(金) 21:53 | URL | 名無し #mQop/nM.[ 編集]
>a
見た目にだまされてはいけない。
残りの枚数は2枚じゃなく、1枚と9枚だ。

ちゃんと見直しなよ?
2006/09/09(土) 10:22 | URL | #-[ 編集]
面白かったです。
今度は「シュレディンガーの猫」
で作ってください。
2006/09/09(土) 16:52 | URL | 猫かわいかったです。 #-[ 編集]
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%95%8F%E9%A1%8C

wikipediaに全体数を100とした場合がある。
そっちみたら納得。
選ばれなかったほうのグループの残りのものに
当たる確立が足されていくんだなぁ

多分
2006/09/09(土) 20:26 | URL | dll #-[ 編集]
枚数のトリックに気づかないやつらの確率分
詐欺が成り立つのが※欄で良く判ったwww
2006/09/11(月) 17:19 | URL | #-[ 編集]
前提アリキだな

たとえばアキレスと亀。
アキレスは亀に追いつけない!

じゃなくて、「アキレスが亀に追いつくまでは」(これが前提)アキレスは亀に追いつけない。

だろ?
2006/09/12(火) 01:23 | URL | #-[ 編集]
今年の東京理科大オープンキャンパスの体験授業でやってた
その時までなら確実に確率は半々だと思っていたことだろう
2006/09/13(水) 02:13 | URL | #-[ 編集]
王様「世界を救う旅に出てはくれぬか?」

 はい
>いいえ

王様「そう言わずに、頼みを聞いて欲しい」

 はい
>いいえ

王様「そう言わずに、頼みを聞いて欲しい」

 はい
>いいえ

王様「そう言わずに、頼みを・・・

そんな片鱗を見た。
勇者が世界を救う旅に出る確率は100%だわね。

※欄から、詐欺が成り立つと感じるのには同意w

こりゃだめだw


あと、作者様お疲れ様
猫は好きです。
2006/09/13(水) 17:52 | URL | みかん #-[ 編集]
やっぱりこの論理はおかしいね

扉は3枚
その中から1つ選べば正解率は勿論1/3
と、ここで選んだ扉をグループから除外するのがおかしい
選んだ扉もグループに入れた状態で、
3枚から2枚に減らせば当然確立はそれぞれ1/2だ。
これで分かった?
2006/09/13(水) 21:34 | URL | nt #-[ 編集]
最初に選ぶ際、アタリをひく確率が1/3
         ハズレをひく確率が2/3

さて、最初に選んだ扉がハズレの時は絶対に違う扉にアタリがあります。つまり、確率の高いのは…
これで分かった?
2006/09/13(水) 22:06 | URL | #-[ 編集]
否定派も肯定派もなんで名前にジレンマと付いているのか考えてみたら?
wikipediaに詳しく載ってるぞ。
2006/09/14(木) 06:00 | URL | 007 #-[ 編集]
途中で正解に気付いたから20回も試行するのがめんどくさかった。
2006/09/14(木) 17:52 | URL | ze #-[ 編集]
あー
めっちゃ判った!
2006/09/14(木) 21:09 | URL | #-[ 編集]
つまり、こういうことかな。

まず、3枚のドアのうち、一枚を選ぶ。これはあたりの確立三分の一。これは良くわかる。
次だ。
「残りの二枚のうちはずれの扉を一枚あける」
たぶんこの行為があるから多くの「?」を生んでるんだと思う。

やっていることは結局「1枚の扉VS2枚の扉」でしょ?
最初から二枚の扉だったら確かに確立は二分の一。
でも最初は3枚の扉なんだから1対2じゃないか。

う、う~ん・・・
うん、そうだ。
2006/09/14(木) 22:44 | URL | っさ #ulYx6Mu6[ 編集]
なるほど。数式を並べられるよりはるかにわかりやすい。

日常生活でいえば、マージャンあたりに活用できるかな。
2006/09/15(金) 00:43 | URL | ボブ #-[ 編集]
分かるかな?
A~Jのひとつだけなら当たるのは10%
残ったカードに当りが含まれている可能性は90%だ。
その残ったカードの中から当りかもしれないし、
外れかもしれないカードを一枚残している。
ここからが、肝の部分。
残りのカードのうち、消されるカードはカードの当たりを知っていて、なおかつ外れのカードだけを
消してくれるのだ。
つまり90%の当たる可能性のあるカード群から
必ず8枚外れを消してくれるのだ。
必ず外れなんだから9枚のカードが1枚に減っても
当たる確率は10%に減るんじゃなくて依然として90%のままです。

それと説明の部分で必ず猫が外れを選ぶって言ってるが
真ん中の実際に選んでいる部分はきちんとランダムに選んでるぞ?
だから最初と違うを選ぶ実証検証でも10%で外している。
2006/09/15(金) 01:18 | URL | うーん #6DhLHxds[ 編集]
私が本当にこのゲームを得ない、あなたが日本語を話さないとき、それは困難です。
2006/09/15(金) 01:55 | URL | Jagrofez #-[ 編集]
Wikiの方がミジンコでも分かる位簡単だった。
2006/09/15(金) 03:01 | URL | #-[ 編集]
さすがにその間違いはありえないニャ

とか言われた。
ニクタラシイwwww
でも 、うーんさんの説明でわかった気になった。
2006/09/15(金) 07:53 | URL | ニャニャニャー!! #SFo5/nok[ 編集]
なんかこう…

有名な確率の問題(正確にはよくある勘違い)をわかりやすく説明したFLASHなのに
「このFLASHは間違いだ!」
って言い出すバカが湧くのは何でだろう…

数学の参考書見て
解説が理解できないと
「この解説は間違いだ!」
ってなるのだろうか。

私にはすごく分かりやすかったです。
2006/09/15(金) 22:43 | URL |   #-[ 編集]
最後の10枚で猫が1/10を当ててくれません
2006/09/15(金) 23:22 | URL | #-[ 編集]
>最後の十枚
あれは視覚的に司会者である自分が外れであるカードを潰していく過程を見せるためのもので、
その前の20回試行した奴と違って確率の検証のためのものじゃない。
正解を知ってる司会者(自分)はどうしたって外れを選ぶしかないという状況がよく分かるだろ?
2006/09/17(日) 02:08 | URL | ねお #-[ 編集]
いま一つ納得できないんだが
納得できたと言う方は以下の問題に答えてくれ

・十枚の扉から当たりを選ぶ場合
・一人のプレイヤーが一枚の扉を選ぶのではなく十人のプレイヤーが各々一枚ずつ扉を選ぶものとする
・外れの扉を一枚ずつ開けていき最後に二枚の扉が残った

この時残った二人のプレイヤーはそのまま扉に入るか、もう一人のプレイヤーと扉を交換するかを選択することができる
どちらが得か?
2006/09/17(日) 08:14 | URL | #-[ 編集]
この実験は
1. 3つのドア (A, B, C) に(景品、ハズレ、ハズレ)がランダムに入っている。
2. プレイヤーはドアをひとつ選ぶ。
3. プレイヤーがどのドアを選んだかにかかわらず、ホストは残りのドアのうちひとつを必ず開ける。
4. ホストは景品のあるドアを知っていて、必ずハズレの入っているドアを開ける。もし、両方ともハズレだった場合はコインを投げて決める。(Wikiより)

の三つの前提条件において執行されるものであり、他のルールが組み込まれた場合その限りではなくなり場合があります。
2006/09/17(日) 21:19 | URL |   #-[ 編集]
上の人へ。
前提が上のflashと異なるから無意味な比較ですねw
ゲームの参加人数が10人になっているから、おのおのの確立は1/10。
残った2人について1/10と1/10だから等確立。

上の話はゲームの参加人数は2人。
プレーヤーと親がいてプレーヤーは1/10、親は9/10なわけだから、親の持っている手札のほうが圧倒的に有利。
わからないなら確率の勉強をやりなおすべき。
2006/09/17(日) 21:22 | URL | #mQop/nM.[ 編集]
最後に残った二人のプレイヤーの視点に立てば、自分が選んだ扉以外の扉の中から外れの扉が開けられているのだから変わらないでしょ?
自分以外の誰かが扉を選んだところで司会者は8枚の外れを選ぶことに変わりないのだから
2006/09/18(月) 07:01 | URL | #-[ 編集]
上の上の人へ
無意味とかやり直すべきとか。
お前に言われる筋合いはねえww

お前は人生やり直すべきww
2006/09/18(月) 13:52 | URL | っさ #-[ 編集]
理解出来ない人は、実際にトランプでも使って試してみたらええんちゃう?
使う枚数は多ければ多いほど、差が顕著に出ると思うから。
2006/09/23(土) 02:12 | URL | うへ #-[ 編集]
猫が魚を選ぶ確率は1%にもみたない。
2006/09/23(土) 04:19 | URL | ・。・ #-[ 編集]
なぜ確率を確立というやつがこんなにいるのかが理解不能。
数字の前に母国語を理解しましょう。

理系ってこういうもんなのか?
2006/09/23(土) 17:43 | URL | #-[ 編集]
ネットでこの手のネタは荒れますなw

とりあえず猫の反応のがかわいくてつい変な選択肢選んじゃうのに
ちゃんと選択後のセリフも妙に作りこんでで
たのしかった。
2006/09/25(月) 03:44 | URL | とら #-[ 編集]
2つの箱どちらか一方を選ぶ
一つはあたり 一つはスカ
あなたは選択した後司会者が
「実はあなたの前に98人が箱をあけてはずれたのです」
といって、空箱98個を見せる。

「さあ箱をもう一度選ぶことができます」
と言われたとき、
選択を変更すべきなのか?

最初に選んだとき あたりを引く確立は1/2だったけど
司会者から情報を与えられたときどうなるんでしょうか
影響をおよぼさない?


最初に選んだ箱が1%(あたり)の郡なのか99%(スカ)の郡なのか分からないから、
情報をもらったあとでも、確率は1/2か・・・
2006/09/25(月) 17:45 | URL | べんでった #YrGnQh/o[ 編集]
だから実際やって見ればいいじゃん。
1000回づつくらい。
2006/09/27(水) 00:28 | URL | うへ #-[ 編集]
1/2と答えてしまう人は主観確率を求めてしまっていて、
さらにその主観確率こそが「確率」であり、
この問題で求めるべきものと思い込んでいるのでは?
だとしたらジレンマに陥るのは当然だと思います。
「求めるべきものは何か」の時点でズレが生じているのですから。
2006/09/27(水) 09:24 | URL | #4nzQIHdo[ 編集]
全部10%ずつだから選んだ箱は10%。
でも、二つに絞った後なら二つしかないから50%だよね。
ただ、ねこはいんちきだぜ。
絶対にあたりを選ばない。それはなぜか。
答えを知っているって、最初に言ったじゃん。
2006/09/29(金) 18:18 | URL | You #-[ 編集]
最初に正解を当ててたとしても
次の段階で2択が用意されるのならば
やっぱり確率は50%だよね。
正解してたのに迷って変える人もいるわけだから。

ネコの説明に落とし穴有り。
これは論理の説明になっていませんねw
2006/10/01(日) 15:40 | URL | #-[ 編集]
納得しました!!
でも本当に初めの選択が当たってたら
めちゃくちゃショックですょね
2006/10/01(日) 19:44 | URL | кайа #WStKNvI2[ 編集]
最初に選んだものがハズレだと仮定し、
司会者が残した物を引く場合、
ハズレは二つあるので三分の二。

最初に選んだものがアタリであるとし、
そのまま当てる確立は
ハズレ二つアタリ一つなので三分の一。

つまり
前者3分の2もしくは後者3分の1の二択であり、
二分の一ではない。
2006/10/11(水) 21:10 | URL | #-[ 編集]
みんなそんなに言わなくてもこれは作者さんが考えたことじゃないんだから、ながーい時間をかけて私たちに分かるように説明してくださった作者さんに感謝しなくちゃデ━━━d(。ゝω・´)━━━ス!!!!   『作者さんありがとうございました。大変よく分かりました、お疲れ様です。』
2006/10/14(土) 18:13 | URL | いちごみるく #-[ 編集]
>なぜ確率を確立というやつが
>こんなにいるのかが理解不能。

ウケたwwwww
2006/10/21(土) 21:47 | URL | やむ #O.KQuPwE[ 編集]
いちごみるくさんに同意しまーす。
とにかく、にゃーがかわいいです。内容も楽しめますし満足です。
視点の揺らぎで様々な確率が発生するのも、このコメント欄から
勉強になりましたニャ。ありがとうございました。
数学的な確率についてはいくらでも追及できる頭をお持ちなのに、
このFLASHで述べられてる前提条件や基本ルールの読解力に
欠ける皆様が理数系ということかなぁと思いつつ。
2006/10/22(日) 10:44 | URL | >< #-[ 編集]
こう考えればいいんじゃないのかな?
A~Gの中に一つ正解があって、その中から一つ選ぶ。ここで"C"を選んだとする。すると出題者が、
「じゃあここで、"C"と"ABDEFG"のどちらかに変えることができます。どちらにしますか?もし、"ABDEFG"の中に正解があればあなたの勝ちです。」
この場合どちらを選んだ方が有利かはすぐ分りますよね。でも、「それだったら問題と違うじゃん」って言われそうだな。確率的に考えると同じなのですがね…まだまだ教える技術が足りないようです。
2006/10/23(月) 15:45 | URL | 理系大学生家庭教師 #NkOZRVVI[ 編集]
はずれ扉を一つ開けた時点で条件が変わるから
最初に選んだ3分の一は消えて
2分の一になる。
そのまま3分の一を残して考えさせるところに罠があるんだよ。
2006/10/23(月) 22:12 | URL | #-[ 編集]
はずれ扉が開いているときに
最初は3枚の扉があったことを知ってるか知らないかで確率が変化するな
知っている場合はそれぞれの扉の確率が3分の1だから3分の2グループと3分の1グループで変えたほうが確率が高くなるが
知らずに残り2枚となっている情報だけであればそれぞれ2分の1になる
ただ、今回は3枚の扉があるという条件の情報を必ず持つということだから前者と言うことだな
2006/10/24(火) 22:32 | URL | tio #1poIqc6w[ 編集]
えーっと
主催者が二枚に絞ったとき。
もし九枚の中に一枚あたりがあると、主催者はそのあたり以外をめくる。つまりノコッタカードはあたり。
最初選んだのが当たってない場合ね。



がんばって納得してください・・・('A`)
2006/10/25(水) 19:53 | URL | U #KOfYFYss[ 編集]
ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%95%8F%E9%A1%8C

ここに書いてある ルール[4]が重要。
その条件がない状態で出題されることがあるけど、
厳密には確率モデルが決まっていないので答えられない問題の類。

そこに書かれている最初の模範回答(?)は、
「あとでハズレの1つを教えると約束する。最初に扉をひとつ選択したあと、
(ハズレを明かされる前に)選択を変更するかどうか決めろ」
と言われたときの判断の仕方。

ハズレの1つを教えてもらった後での判断(条件付確率)になっていない。

結果的に数値はあってる(変更なしなら1/3、 変更するなら2/3)から始末が悪い。


ちなみにそのページの最後の方に
>実はもうひとつ重要な前提がある。
>それは、この問題のルールをプレイヤーが知っているということである。
>この前提なしでは、プレイヤーにとってルールが定まっていないのと同じであり、
>「ドアを変更してもしなくても同じ」が答えになる。

とある。
これは妥当。
(確率モデルが決まっていないので判断不能、
という判断がより正確ではあるが。)

たとえば、A → B → C → A → B →・・・・
というように巡回する順序を決めておき、
司会者は
「プレイヤーの選択した扉の次(上の順序で右隣)の扉を開ける。
ただし、それがアタリのドアであった場合は、
その次のドアを開ける。」というルールに従うとする。

プレイヤーがこのルールを知らない場合は、
チェンジするべきかどうかは5分5分の判断だが、
ルールを知っている場合は、司会者の開く扉によって
100%の確率でチェンジするべきかどうか判断できる。
2006/10/27(金) 02:24 | URL | 森のどんぐり #-[ 編集]
サーベロニの問題
http://stardustcrown.com/reading/prisoners-pazzle.html
と比較してみると面白いです。
2006/10/28(土) 02:45 | URL | "444" #y2/FrPjk[ 編集]
おもしろかった!
FLASHにはこんな可能性もあるのね!
思わず引き込まれてちょっと怖くなりました。
これからもちょくちょくきますね!
2006/10/28(土) 05:49 | URL | ふにゃ #6S/cahu6[ 編集]
納得できない。
最初選んだ方にだって90%の確率があるはずだ。
最初に選らんだものが確実に間違っているとい前提でしかなりたたないと思うので
最初に正解を選んだ場合でも納得できるよう説明して欲しい。
2006/10/28(土) 10:15 | URL | 404 #-[ 編集]
1つだけ大ハズレのドアがあってネコがそれを選ばせようとしているように問題設定を変えると、
納得できる人が増えるかもしれん。
4枚カード問題みたいなのと同じで理屈じゃうまくいかないのさ
2006/10/28(土) 11:20 | URL | SGA #-[ 編集]
最後の10択で言うと…

『10の内のどれか=どれも確立10%』

までは解ってると思う。
で、『最初に選んだ一つは10%』
『残り9つのに正解の可能性=90%』になる。

とりあえず、『選んだ10%』は置いといて、
『90%の9つ』の内『スカの8つ』をバラす。
その結果『最初の10%』と『90%の内の一つ』の二択になる。

そこで単純に『二択=50:50』と考えた時点で騙されてる。
その理由は先ほどバラした『スカの8つ』を無視してるから。

確かに司会者が『強制的に』『スカの8つ』をバラし
アタリ選考からこの8つは外されるが、
確立上は『スカの8つ』の一つ一つに
『アタリの確立10%』があった、と言う事が重要。

よって、最初に選ばなかった9つは『総合的確立90%』であり、
司会者は9つを一つに絞る事で確立を凝縮したに過ぎない。

よって、
最初に選んだのは10%であり
9つの内の1つは90%になる。
2006/10/28(土) 11:27 | URL | natyu #JalddpaA[ 編集]
最初のほうがあたりやすいと言う人は
最初のほうが51%以上確率が高いと
言うことになりますが
もしカードが百枚ありフラッシュのルールに従い
百回やったとします。
(もちろん最初に選んだやつを選んで)
それをあなた方は五拾壱回以上当てれますか?
私は出来ませんもしできるぐらい運がよかったら
私は自害しますね。
(一生の運がなくなったような気がして)
まぁお金があるのなら

一兆枚にチャレンジしてください。(一兆回)
もし51%自分が最初に選んだカードが
当たりでその映像をここに貼り付けたら
トランプ代を全額払いますから。
(いかさまがないように一つの映像で)

2006/10/28(土) 12:38 | URL | DS #-[ 編集]
各10%を残りの1枚に加算するのはどうかな。条件的には、最初に選んだ1枚と変わらないと思うけど。数値を利用してうまく錯覚させているけど、実際、8枚が消えた段階で、「8枚はなかったもの」
でしかない。
2006/10/28(土) 13:35 | URL | ぬこさま #mQop/nM.[ 編集]
司会者が最終的に50/50の(二者選択)にもってゆくことが「おやくそく(ルール)」なら、結果的に、二者択一以外のなにものでもないと思う。

ただ、プレイヤーになったら、主観的な確立が変化したと実感してドキドキすることには違いが無いね。
2006/10/28(土) 13:52 | URL | もっちゃん #-[ 編集]
>ぬこさま

「8枚はなかったもの」になっているのは
ルール上結果的にそうなった様に見えるだけ。

とりあえず、最初に選んだ一つが正解の確立は10%。
…そこでちょっと順序を変更して、
8つを消す前に答えを変えて良い事にする。

すると、変えないで正解する確立は10%。

変えて正解する確率は
10%+10%+10%+10%+10%
10%+10%+10%+10%=90%ですな。
ココで文句を言われても「そうじゃん」としか言えない。

で、ココでルール通りにスカ8つを一つ一つ消していく。
一つづつ『無かった事』にする度に
個々が正解である確立が振り分けで増えるので

【残り8つ】
11.25%+11.25%+11.25++11.25%
11.25%+11.25%+11.25++11.25%=90%

【残り5つ】
18%+18%+18%+18%+18%=90%

【残り3つ】
30%+30%+30%=90%

【残り1つ】
90%

と言う事になる。
これ以上上手い事説明できないのでorz
2006/10/28(土) 14:05 | URL | natyu #3/VKSDZ2[ 編集]
回答者が最初に選んだ1枚は
10枚の中から選んだもの
これが正解の確立は10%
この後に司会者の操作により残り2枚になったとしても
最初に選んだ1枚は「10枚の内の1枚」であることに変わり無く確立は50%にはならない

司会者の操作が最初に選んだ1枚を外し
選択外の9枚から2枚に絞り込んだ場合は50%となる

つまり残り2枚のうち最初に選んだ1枚の確立は
10%から動かず、
もう1枚の確立は90%となる
2006/10/28(土) 14:31 | URL | 10%は動かない #-[ 編集]
90%って説明は十分理解しているつもりなんだけど、
そんな訳ないやんって かたくなに50%説を唱える人に
きちんとした説明できない・・・。
できない、どころか 50%説にも納得してしまう。

natyuさんの、
「変えて正解する確率は90%」
ってところがわからない・・・。
変えても10%ぢゃないのを だってそうぢゃんと言わずに、
わかるように説明してくれるかたいませんか~~
アホですみません、、、、。

90%説をうまく説明できなくて超くやしいっ!
2006/10/28(土) 15:17 | URL | ジレンマ #nL6A2.tM[ 編集]
司会者側に立ったときの検証で、猫が魚のある扉を選んだときのコメントが、気になって魚のある扉を選ぶまでリセットをしましたが、結局猫は魚のある扉を選びませんでした。

ここだけは、プログラムで調整してるのかな?
2006/10/28(土) 16:10 | URL | #-[ 編集]
自分もこれ以上解り易く説明出来なくて・・・
もう川にでもダイブしたいorz




・・・もう適当に両方の言い分を纏めちゃう?

最終的にアタリ率10%と90%の二択であって、
何も知らない人が…

10%を選ぶ確立が50%。
90%を選ぶ確立が50%。

よって、アタリ率は90%の方が高いけど、
何も知らない人がそれぞれを選ぶ確立は50:50。

これで両陣営共に納得するしかないのでは?
2006/10/28(土) 18:48 | URL | natyu #-[ 編集]
natyuさん

それって けっこうステキかも~♪
2006/10/28(土) 20:03 | URL | ジレンマ #nL6A2.tM[ 編集]
とりあえずウチの猫にドア選ばせたら
かなり高確率で魚選んでコラヤメロ喰うな晩飯無くなっ
2006/10/28(土) 23:58 | URL | あうぇ #-[ 編集]
理屈ではわかるけどとりあえず・・・
最後に残った扉に替えてもいいよって選択させている時点で挑戦者からすれば確率は50%ではない?
90%ってのは1つ挑戦者は10個のうちひとつだから10%で残りの9個は出題者の手のうちの90%。
で、はずれ有り無しにかかわらずその主題者の手の中の9個のうち8個のはずればらすから、その主題者の残り一個と挑戦者の一個で比べたら90%と10%の確率の勝負になるって解釈ではだめ?
2006/10/29(日) 00:25 | URL | #-[ 編集]
司会者側でやる時にネコが最初の選択で
当たりを引かないのはインチキだから
このFLASHは嘘だって言ってる人は
最初の選択でネコが当たりを選ぶのは
10回に1回はあるからって考えてるんでしょ?
ということは残りの9回は
最初の選択では当たりを引けなかったわけだ。
んで、そのときは司会者は当たりを残さなきゃ
いけないってのはFlashでやった通りな訳でしょ。
つまり、10回に9回は司会者が外れをさっ引いた
残りのカードが当たりだって事。
2度目の選択でどっちが得かはすぐ分かる
2006/10/29(日) 03:25 | URL | もま #-[ 編集]
10枚あったら当たる確率は1/10
どちらを引いても必ずもう片方を選ぶ
これが前提だ

1 はずれ 変えれば当たり
2 はずれ 変えれば当たり
3 はずれ 変えれば当たり
4 はずれ 変えれば当たり
5 はずれ 変えれば当たり
6 はずれ 変えれば当たり
7 はずれ 変えれば当たり
8 はずれ 変えれば当たり
9 はずれ 変えれば当たり
10 当たり 変えればはずれ

ほら、変えれば当たりが90%だろう
残り2枚のどっちかを選ぶから50%じゃなくて
"必ず最初に選んだのとは違うもう片方を選んだ時に当たる確率"
を述べてるんだよ
2006/10/29(日) 05:48 | URL | #-[ 編集]
3枚の中から1枚あけるのと、3枚の中から2枚あけるのが同じ確率だと思ってる人多すぎ。
2006/10/29(日) 11:20 | URL | #-[ 編集]
50%派の8割は私のカキコです。
みんな必死になって説明してくれるので面白くてつい(笑)
教師体質の人多いですね。
2006/10/29(日) 14:55 | URL | #GCA3nAmE[ 編集]
説明の仕方を考えるのも
それなりに面白いからさ(笑)
2006/10/29(日) 16:04 | URL | natyu #3/VKSDZ2[ 編集]
猫かゎいすぎ~!説明もよくゎかる!
2006/10/29(日) 17:38 | URL | ぽぽん #-[ 編集]
> 50%派の8割は私のカキコです。
> みんな必死になって説明してくれるので面白くてつい(笑)

本当にわからなかったのに釣り士顔して
「私はわかってたんだよ!」
って言い訳してるのがウケルwww
2006/10/30(月) 00:47 | URL | #-[ 編集]
ムカツクんですけど。最初からとか、ウザ。
2006/10/30(月) 09:27 | URL | 佳奈 #-[ 編集]
なるほど。
natyuさんの解説でよく分かりました。
実に面白い定義です。
勉強になりました。
2006/10/30(月) 14:02 | URL | てぶくろ #mQop/nM.[ 編集]
もうちょい教えて欲しい。

消した枚数分の確率が、最初に選択しなかった方に含まれる事になるのは何故?
2006/11/22(水) 13:06 | URL |  はるまき #mQop/nM.[ 編集]
とりあえず、3枚のうち1枚選んだら、
その次に絶対「ハズレ」が一枚消されるよね?
この消す一枚に「アタリ」も含まれているなら全部33%の確率になる。

きっとこれが原因じゃないかな?

ただ選ぶだけなら、確率は絶対33%なんだ。
直後の、確率を超えた作業「必ずハズレを消す」が
惑わせているんだと思う。
2006/11/22(水) 13:59 | URL | MCぽんづ #z8Ev11P6[ 編集]
確率って目に見えないからニャ。
同じ見た目のものが2個並ぶと50:50って思う感覚は理解できるんだニャ。
でも、中身は一般人とk-1選手くらいの差があるのニャ。一般人の未知なるポテンシャルに賭けるのは不利なんだニャ。
2006/11/25(土) 02:46 | URL | nya #-[ 編集]
この問題のキモは
最初に選んだ一つの扉vs選ばれなかった扉たち
なのよ。
んで、何となく選んだ扉とハズレの扉たちを蹴落として生き残った扉のどっちがつおいのか比べてみようって話。
2006/11/25(土) 17:53 | URL | kz #-[ 編集]
100万の扉ならわかりやすいんじゃない?
1つ扉を選んだら、司会者が99万9998
ハズレの扉を開くの。
そしたら、ほぼ100%変えたほうが当たりだよね。
2006/11/25(土) 19:06 | URL | kou #-[ 編集]
司会者側になった時に猫が選んだ扉を開いたのは俺だけじゃないはずだ。
2006/11/29(水) 18:49 | URL | #-[ 編集]
確かに、扉を増やすとすげぇわかる
2006/11/30(木) 18:53 | URL | がんつ #-[ 編集]
ねこかわいい
2006/12/01(金) 08:57 | URL | #-[ 編集]
『「モンティ・ホール」という人が司会』、ってのがウラ取れないんだよなー。それって本当?
2006/12/09(土) 20:27 | URL | #WCSj23LI[ 編集]
あー…
なんとなく分かった気がするにゃ…
後でえらんだ方が確率が高いのにゃね?
2006/12/14(木) 01:10 | URL | 魑魅 #-[ 編集]
最初に選んだカードがあたりである確率:10%

ならば

最初に選んだカードがハズレである確率:90%(1-0.1=0.9)

で、この90%は、ほかのカードが司会者によってあけられようが関係なく、「選んだ時点」で決定した確率。

だからさいごの2枚になっても、最初に選んだカードがハズレである確率:90%
2006/12/19(火) 02:08 | URL | #mQop/nM.[ 編集]
一人でやってみる

53枚のトランプ
ジョーカーが当たり
よくシャッフルして一枚選ぶ
そして残った52枚を重ねる

さあ最初に選んだ一枚と
重ねた52枚どっちが当たりやすいでしょう

2007/01/06(土) 10:27 | URL | #-[ 編集]
すばらしい!
数学が苦手でもよく分かりました
2007/02/22(木) 22:32 | URL | #-[ 編集]
1回目 「ハァ?」
2回目 「なるほど よーく分かった」
3回目 「ネコが当たりの扉を選ばない!」

こんな感じでしたw
2007/02/25(日) 02:10 | URL | ヌマゴロウ #-[ 編集]
最後の2枚が50:50になるのは、司会者が本当にランダムに扉を開けていき、偶々そこまで正解が出なかった時だけ、でいいのかな?
選択前に全体からスカを2枚引くミリオネアの50:50とも、ハズレを選択していく類のゲームとも、造りが違うんですね
2007/03/11(日) 05:34 | URL | cr #-[ 編集]
10枚あったら当たる確率は1/10
どちらを引いても必ずもう片方を選ぶ
これが前提だ

1 はずれ 変えれば当たり
2 はずれ 変えれば当たり
3 はずれ 変えれば当たり
4 はずれ 変えれば当たり
5 はずれ 変えれば当たり
6 はずれ 変えれば当たり
7 はずれ 変えれば当たり
8 はずれ 変えれば当たり
9 はずれ 変えれば当たり
10 当たり 変えればはずれ

ほら、変えれば当たりが90%だろう
残り2枚のどっちかを選ぶから50%じゃなくて
"必ず最初に選んだのとは違うもう片方を選んだ時に当たる確率"
を述べてるんだよ

ちょっと前の説明文のコピペ
これ見ればどんな馬鹿でも分かるはず

でも、ネコが当たりの扉を選ばないのは完全に仕組まれてるなw
2007/03/11(日) 14:15 | URL | ヌマゴロウ #-[ 編集]
ちょっと思いついたのですが、こんなゲームを考えてみてください。

1~10までの数字が書かれたカードがあります。
10が一番強いカード、1が一番弱いカードです。

さて、子が10枚の中から一枚引きます。
次に、親が残ったカードの中からいらないカードを8枚捨てます。
(当然、一番強いカードが残りますよね?)
残った1枚どうしで勝負!

さて、あなたは親と子、どちらになりたいですか?

2007/04/17(火) 06:57 | URL | 植木等 #sfrX/RAw[ 編集]
猫が正解をいきなり選ぶ確率なんて元々10分の1なんだから、解説FLASHとしてはそれでいいんじゃないの?
ちなみにプログラムが組まれているかいないかの検証に、恐らく相当の回数猫にクイズをさせなければならない場合が出てくると思うんだけど、何回目でプログラムが組まれていると判断したんだろう。
2007/06/19(火) 20:38 | URL | 無料動画 #-[ 編集]
なるほど!納得
2007/06/24(日) 00:56 | URL | Tabris #-[ 編集]
>すえぞうさん
「司会者が残り2枚に絞る」という操作を行うかどうかを、司会者が選択できる場合においては、そうなるでしょう。

しかし、ここではその一連の操作をいかなる場合でも行うことを前提に話しを進めているので、FLASHの通りです。

実際、特別番組ならまだしも、毎日もしくは毎週ある番組でこのようなコーナーがあって、場合によって「司会者が残り2枚に絞る」という操作が行われたり行われなかったりするのは、ほとんどないのではないでしょうか?
そのくらいなら視聴者は変だなぁと気付くはずですし。
2007/08/14(火) 20:42 | URL | 無料アダルト動画 #-[ 編集]
私も別のページ(ウィキペディア)見ても納得できず、ここでも最後のほうまで納得できてませんでしたが、最後に司会者やってみて、ネコに魚をほとんど持っていかれて納得できました(お間抜けでした)。
これ、司会者側が、「開ける箱を選ぶ時点で制約を受けてしまう」っていうところがミソなんですね。
2008/01/04(金) 19:49 | URL | あさひ #-[ 編集]
私も別のページ(ウィキペディア)見ても納得できず、ここでも最後のほうまで納得できてませんでしたが、最後に司会者やってみて、ネコに魚をほとんど持っていかれて納得できました(お間抜けでした)。
これ、司会者側が、「開ける箱を選ぶ時点で制約を受けてしまう」っていうところがミソなんですね。もう、悔しかったです。

結局、司会者側は、解答者のために、わざわざ9個を1個に減らしてくれてるわけです。だから見た目が2個になってるだけで。
FLASHのプログラムはわかりませんけど、最初にネコがあたりを選んだとしてもそれは結局10%、そのときにはネコははずしてくれますけど、そうじゃなかった場合は100%ネコにもっていかれますから。
納得してもらうには、逆にプログラムをいじって20%~30%程度の確率でネコがあたりを選ぶようにしたほうがいいんですかねぇ。本末転倒ですが...
2008/01/04(金) 20:04 | URL | あさひ #-[ 編集]
納得しました。
2008/02/27(水) 09:31 | URL | #JalddpaA[ 編集]
これは可愛くてわかりやすい
他にも見たい
2008/03/06(木) 20:37 | URL | Q #-[ 編集]
説明自体は非常に明快でわかりやすいが、FLASHの作りに作為がある。
何かと言えば最後の、こちら側が司会者役をするところ。
本来ならここでネコが「10%の確率で一回目に正解の扉を選ぶ」はずなのに、何度やってもネコは「一回目には外れの扉しか開かない」。
論理的な説明としてはこれでほぼ十分だが、完全にアットランダムな作りになっていない限りこのFLASHは未完成だと思う。
2008/03/10(月) 23:29 | URL | #-[ 編集]
すごくわかりやすい
2008/03/19(水) 20:12 | URL | 蒸発した名無し #-[ 編集]
すんごい納得できた
感謝感謝
2008/03/19(水) 20:18 | URL | #-[ 編集]
①「選んだカードが当たりの確率が10%、それ以外のカードに当たりがある確率が90%、従って他の8枚がオープンされたあとは、選ぶカードを変更した方がいい。」

②「残された2枚のカードのうち、どちらかが当たりなのだから、それぞれ確率は50%」

どちらもそれなりに説得力があるように思われます。
「確率」という言葉の意味するところを明確にした後、今回の件の説明を行ったほうがよかったと思います。
2008/04/10(木) 15:20 | URL | あ #-[ 編集]
アホな俺はなぜ司会者側でぬこたんが選んだパネルを不正解として開いてはいけないか、意味が分からない

…と思って過去コメント読んだら、やっぱり一種のトリックなの?

「トリックを前提条件としたらそれはトリックでなくなる」という意味か…。
言い換えれば「ウソが本当であることは実質的なウソ」…といった感じか…。
2008/07/22(火) 23:51 | URL | #JalddpaA[ 編集]
猫がニャーニャーうるさいのが癪に障る!!
2008/08/01(金) 15:47 | URL | #HfMzn2gY[ 編集]
どう考えてもマリリンが間違いで、クレームをつけた1万人?のほうが正解と思うが。
だって、モンティは以下の肝心なルールを全く説明してないんだろ。

・プレイヤーがどのドアを選んだかにかかわらず、ホストは残りのドアのうち1つを必ず開ける。
・ホストは景品のあるドアを知っていて、必ずヤギの入っているドアを開ける。もし、両方ともヤギだった場合はコインを投げて決める(確率1/2)。

だったら、モンティは、3つのドアのうち、「たまたま」「他の二つのドアのうちはずれのドア」を開けたと(プレイヤーは)考えるしかない。
その場合、当たる確率は1/3→1/2になる。

ルールを勝手に作って計算しちゃいけないよ。
2008/09/25(木) 22:35 | URL | 常識人 #qbIq4rIg[ 編集]
よくわからんのだが、なぜ司会者はわざわざ他の扉を開いて見せてあげるわけ?
開ける必要ないでしょ、最初から二択問題にしとけばいいだけかと…
2008/11/23(日) 14:56 | URL | 加藤 #-[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/02/25(水) 18:39 | | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/02/25(水) 22:20 | | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/02/25(水) 22:25 | | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/02/25(水) 23:13 | | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/02/27(金) 14:22 | | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/05/13(水) 21:43 | | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/08/03(月) 19:59 | | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/08/04(火) 12:56 | | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/08/12(水) 10:19 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
:
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://ishi.blog2.fc2.com/tb.php/182-8a2e246e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
[ ネコでもわかるモンティホールジレンマ] by DOFI-BLOG どふぃぶろぐここに解りやすく書いてありますね
2006/04/20(木) 02:11:39 | あり、か?
ネコでもわかるモンティホールジレンマDOFI-BLOG どふぃぶろぐさんが、面白いフラッシュを公開していたので紹介♪数学・・・いや。算数が苦手な俺なのですが、『数に関する面白い話』は大好きです。例えば、黄金
2006/09/05(火) 00:40:57 | うぐいすの奇妙な生活
とても懐かしいものがあちこちで話題になってたので紹介します。アメリカのテレビ番組で有名なネタです。あなたの目の前に、扉が3つあります。そのうちの1つにはスポーツカーが隠されていて、扉を当てれば賞品ゲット。あとの2つはハズレです。挑戦者は扉を....
2006/09/06(水) 11:53:59 | ディセンバー:イレヴン
数学の確率に関する話をしたいと思います。つい最近知ったんですが、モンティホール問題というものがあります。これはテレビ番組における景品を賭けたゲームなんですが、非常に興味深い話です。まず、ルールですがプレイヤーは3つの扉を見せられます。その中の一つ...
2006/09/06(水) 19:37:08 | 鴨が葱を背負ってくる
といえば研究室の人はこっちを思い浮かべるでしょうが 今日は確率の話。 [ ネコでもわかるモンティホールジレンマ] by DOFI-BLOG どふぃぶろぐ なんとなくこういうのがあるってことは知ってたけど 詳しくは忘れてたし、モンティホールって名前は初めて知りました。 理解
2006/09/15(金) 00:49:06 | 456
メイポとはまったく関係ないですけど、解説されることで目からウロコがごっそり削げ落ちるお話です。ネコでもわかるモンティホールジレンマネコでもわかる、じゃなくてネコに教授賜るというあたりが引っかかりますが、解説もキッチリされているので10分で理解でき...
2006/09/17(日) 10:02:38 | あぷりけinめいぽ@かえで
欧州に実際にあるゲーム番組。扉が三つありそのうちの一つに高級車が。その扉を当てれば高級車がもらえる。挑戦者はまず扉を一つ選ぶ。司会者は、のこり二つの扉のうち、一つを開け、そこに車がないことを見せる。ここで挑戦者には「最初に選んだ扉」か「もう一つの扉」か、
2006/10/21(土) 01:19:23 | ピエール の脱力 Blog
 ネコでもわかるモンティホールジレンマというページを見つけた。--- 例えばTVショー、三枚の扉の向こうに一つだけ大当たり、高級車。 まず、三枚の内の一枚を選ばされる挑戦者。挑戦者がドアを選択した時点で司会者が残った二枚のうちの一つをハズレでしたと明かす
2007/01/29(月) 22:43:30 | コラム4054
これは確率に関する問題なのですが、初めて聞くと、なかなか理解に苦しむところがあります。そこで、DOFI-BLOGさんの所で、フラッシュを用いてかなり分かりやすく説明しています。もしよかったら見てみてください
2007/05/16(水) 20:19:54 | タク案
Yadyです。 昨日は死刑制度の話の中で警察の不当な取調べについて話題にしましたが、実務上の問題(つまり、慎重にやってたら事件を裁ききれないから行われ、常態化する)という側面もあるのではないかという想像もできますね。 で、実務の都合を考えると、こちらもこ...
2007/12/09(日) 15:12:09 | ゆーげんがいしゃ『もしも』
 面白い問題を見つけました。  こういう問題を考える人ってものすごいと思います。    問題  プレイヤーは、三つのドアを見せられる。...
2008/03/01(土) 16:50:36 | ニュースチャンプルー
・今日はじめて合コンしてきたよ・・・ ・昨日夜中に「今日はじめて合コンいってきた」スレ立てた者だけど ・合コンなんて、合コンなんてorz ...
2008/03/04(火) 01:28:57 | 周玄堂
マイミクさんの間で妙に盛り上がってるので私なりの説明を書いてみる …の前に、この
2008/03/12(水) 21:12:12 | 遊びをせんとや生まれけん
ネコでもわかるモンティホールジレンマ Flash モンティ・ホール問題 Wikipedia 問題 問題は次のようなものである。 プレイヤーは、三つのドアを見せられる。ドアの一つの後ろにはプレイヤーが獲得できる景品があり、一方、他の二つのドアにはヤギ(景品がな...
2008/03/19(水) 17:56:04 | 無題ドキュメント
頭の中の、長らく寝こけてた部分を久しぶりにゆすり起こした感じ。 http://i
2008/03/20(木) 01:06:51 | another log
ネコでもわかるモンティホールジレンマ(DOFI-BLOG どふぃぶろぐさん) モ...
2008/04/09(水) 19:01:11 | D\'sDinner@Blog
温故知新。----------------------2005年に書いた日記が2006年によそさまからリンクされていたことを知りました。ここで書いたモンティ・ホール・ジレンマの問題の解説です。\"モンティ・ホール・ジレンマ\"とマリリン・フォス・セイヴァント -追記- ←これ。うれしい。...
2008/08/14(木) 00:10:08 | 腹筋とくびれ
なんか面白い記事見つけたんで紹介。 今日はゲームの話じゃないよ(笑) モンティ・ホール問題 これ今日初めて知りました。 皆さん知っ...
2008/09/16(火) 20:53:59 | Game Magnifying Glass
管理人の承認後に表示されます
2009/01/17(土) 22:33:03 |
管理人の承認後に表示されます
2009/07/17(金) 21:19:06 |
管理人の承認後に表示されます
2009/11/24(火) 18:45:26 |
管理人の承認後に表示されます
2010/01/05(火) 17:54:28 |
管理人の承認後に表示されます
2010/01/05(火) 23:08:49 |
管理人の承認後に表示されます
2010/02/20(土) 19:56:21 |
管理人の承認後に表示されます
2010/04/06(火) 20:05:37 |
管理人の承認後に表示されます
2013/01/23(水) 14:30:27 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。